スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南米のときの写真

リャマ

「南米の写真がもっと見たいです」と言っていただいたので、
調子に乗って、年末に行った南米一人旅の写真をちょっとUPします…(笑)。
これはマチュピチュにいたリャマ。
奈良公園の鹿並みに、マチュピチュにはリャマがいました。
雨が降ったけど、遺跡で雨宿りするっていうのも、オツだなぁなんて思いました。
めちゃよいとこでしたよ、ここも!

また他にもUPすると思いますが、他の写真はfotologueに載せてます。
ペルーボリビア以外にも、トルコやカンボジア、もちろん旅行以外の写真も載せてるので、
ぜひぜひ見てください!
スポンサーサイト

strongly

紫の花

ずいぶんと久しぶりの更新になってしまいました…。ちょっといろいろありまして。

いろいろあった中で思ったのは、つよくなりたい、ということ。
私は「つよい」ということを勘違いしていたのかもしれない。

「つよい」というのは相手を負かす事ではないし、無理矢理納得させる事でもない。
落ち込まない事でもなければ、泣かない事でもない。

「つよくなる」というのは、トゲトゲになることではない。
大きくなる事ではない。固くなる事でもない。

深くて、暖かくて、柔らかくて、何かに頼らなくても1つできらりと光っている事。
何かのために、姿形を柔軟に変えていける事。
負かさない事、でも負けない事。
愛を持ってあなたを大切にする事。信じる事。

つよくなりたい。やさしくなりたい。
暖かい笑顔で、あなたを幸せにしてあげたい。

Dialog in the Dark

桜と屋根

ダイアログ・イン・ザ・ダークというイベント(?)をご存知でしょうか?
http://www.dialoginthedark.com/
光を遮断した真っ暗闇の中で、日常の様々なものを聴覚や触覚など視覚以外の感覚を使って体験する、
というワークショップみたいなもので、東京の原宿近くでやってます。
これに昨日彼氏と行ってきました。

もう、本当に素晴らしい経験でした。

本当に、目の慣れる事のない真っ暗の世界です。そこで遊ぶんです。
建物の地下に作られた暗闇の空間を、盲目の方をアテンドとして、
少人数のグループを作って、歩き回るのです。その日初めて会う見知らぬ方々と。
真っ暗で最初は不安で孤独で、自分のいる場所を懸命に想像しようと「見よう」としてしまうのだけど、無意味。
みんなで助け合いながら公園を歩いたりボール遊びをしたりジュースを飲んだり。
声の違いや音の聞こえる方向、匂い、地面の感触、素材感、視覚以外の五感をフル活用です。
そして見知らぬ人と助け合って薄れていく不安感や孤独感。
人のぬくもりをすごく感じます。

光のある空間に戻ってきて、「見える」というのはもちろんすごく大事な事だけれど、
それによって音の違いや方向、匂いの変化、地面の感触、触り心地、人の声と肌の温もりの安心感など
いろいろなものを失っているのかもしれない、と思った。
私は体のどこにも大きなハンデを持っていないからこそ、目も耳も鼻も舌も肌も、
少し意識して大事にしてみようかと思いました。

決して偽善的なワークショップではないです!
暗闇で、「目以外で見る、感じる」を趣旨としてみんなで遊ぼう!って感じです!
暗闇のボール遊びとか、結構面白いですよ!!

同じ組には、京都からいらしてる方もいました。
東京にいらっしゃらない方はなかなか難しいと思いますが、
もし興味があったら、サイトをのぞいてみてください。

楽しかったです。また行きたい。
profile

jinko*

Author:jinko*
明るくて根暗、強気で弱虫。
気分屋で情にもろい。
写真と映画と旅とネコと、あと人が好き。
fotologue

Link Freeです。メッセージいただけると、嬉しいです。
画像の無断複製・二次使用はご遠慮ください。

category
archive
Maukie
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。